出会い系アフィリエイト‐アプリプログラムvol.002

☆…━…━…━…━…━…━…━…☆
┏━┫
┃■┃ プレミアアフィリエイト通信♪
┃ ┃   ASOBO×Jプラス  
┗━┛
☆…━…━…━…━…━…━…━…☆

いつもご利用ありがとうございます。

メルマガ担当のちぃchanです♪
今日のトピックスになります★

☆本日のトピックス☆
●新着案件
【ASOBO×Jプラス】
【ID】35844
【ジャンル】コミュニティ/無料
【OS】Android iOS
【報酬金額】ASOBO:400円
Jプラス:300円
【承認方法】自動承認
【原稿変更】可
【ポイントバック】不可

人気コミュニティアプリ案件の
【ASOBO】と【Jプラス】が同時掲載可能に!!!
Jプラスを掲載したいのに対応キャリアが
iosのみなのがちょっと…という方に朗報です!

iosからのアクセスは【Jプラス】へAndroidからのアクセスは
【ASOBO】へ自動的に割り振られる画期的なプログラムです♪

どちらもアプリインストール案件でコンバージョンの高い案件です!

※単価はASOBOの400円と表示されていますが、Jプラスの獲得は300円となります※

————————————————————
↓↓Jプラスのアプリアフィリエイトなら

↓↓ASOBOのアプリアフィリエイトなら

タグ

2014/02/03 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:出会いSNS

出会いSNSアプリの注意点

出会いSNSアプリが出まわってきて、だいぶ経ちますが偽アプリが増えてきている事に懸念を覚えています。

 

ワクワクメールやハッピーメールのアプリに良くありますが、公式アプリではないものでも「オフィシャル」とか「公認」という言葉を使って偽アプリが横行しています。偽アプリでも一応ワクワクメールやハッピーメールのサイトにはアクセスできるので、特には問題はないんどえすがなぜ、偽アプリなのかというとアフィリエイト目的というのが今のところ一般的のようです。

 

例えば、自分の作ったアプリにアフィリエイトコードを入れ込んでDLしてもらい、そこから登録してもらえれば報酬が発生するという仕組みです。それだけであれば、自分たちには特に被害はないのですが、そういった偽アプリにはウィルスが仕込まれていて電話帳データを抜きとられたり、DLしたアプリが更新の時に別のアプリになってしまい、別のサイトへ登録させるように促してきたりと、危険は山ほどあります。

 

こういった事例が徐々に出始めましたので、みなさんも注意して下さい。

 

 

タグ

ASOBOの出会いアプリ戦略は成功

出会いアプリで有名なのはASOBOです。ASOBOはかなり初期のころからiPhoneアプリやアンドロイドアプリを開発していました。まだ世の中にアプリやスマートフォンがあまり認知されていない時期からアプリが出回っていました。

そう考えると、かなり先発した対応だったのだと思います。その甲斐あってか今スマートフォンのアプリランキングでも、かなり上位に表示されています。出会いSNSアプリでは、ダントツのトップアプリとして君臨していますね。

最近、DMMとコラボを始めたYYCがアプリにも力を入れているので、やっと競合が表れましたがそれまではASOBOの独壇場が長く続いていました。他の出会い系サイトもアプリと呼べるかどうかわからないものを出していますが、単にリダイレクトをするアプリだったり、SNSチックに改良して「スマとも」を意識した作りにしてみたりと、迷走しているように感じます。

出会いアプリの基本課金スキームは、キャリア決済やアプリかGoogleウォレットがメインとなっています。iPhoneアプリに関しては、APPストアで購入価格帯の表示されていたりと、使う前にユーザーに適正価格や購入のオススメ価格を明記しているのでわかりやすいですね。

また、出会いアプリは基本DLは無料となっていますが、中には出会いアプリを装った悪質なアプリも出回っていて、携帯電話の電話帳を根こそぎDLしてしまうような危険なものもありますので、利用する際は注意が必要です。

もし、不安だなと思ったらまずはDLせずに信用出来る口コミサイトなどで確認しましょう。最近は、口コミサイトすら悪質業者が作って運営している事もあるので、あくまでも普段から使っている信用が出来る口コミサイトを参考にすることも併せてオススメします。

タグ

イククルは2013年最も注目する出会いSNS

イククルというサイトを知っていますか?小森純ちゃんがイメージガールをしているので、街角でトラックや看板を見かけたことがあるかもしれませんね。雑誌での広告もたくさんだしていてコンビニに置いてある女性週刊誌やファッション雑誌には大抵掲載されています。

 

イククルはもしかすると男性よりも、女性認知度が高い出会いSNSかもしれません。その理由として、写メコンテストや湘南の海の家イベントを開催していて、サイト以外でのオウンドメディアの評判も上々です。本業の出会いとは関係ないにしろ、女の子をたくさん集めるツールとして写メコンの賞金を使ったり、クラブイベントを開催しているので確かに男性よりも女性の方が若干多いイメージがあります。

 

登録して数日すると、どこからともなく女性からメールが届く…という事はないのですが、掲示板はいつも出会い待ちの女の子であふれています。気になる方は一度覗いてみる事をオススメします。サイトの評価もネットでは上々で、非の打ちどころは内容に見えます。

 

もし、今年新たに出会いSNSを始めようと思っているのなら、2013年はイククルで出会いを探してみるのもGOODだと思いますよ♪

 

元は出会い系サイトでもあるので、出会いの確率はほかのSNSと比べても格段に上といえます。

タグ

出会いSNSとは?

出会いSNSという言葉を最近よく聞くようになりました。WEBでもアプリでも使われている用語ですが、そもそもSNSでは出会いに関連する行為や発言は禁止のはずですよね。それなのに、何故出会いSNSという言葉があるのか自体筆者も良く分かりませんでした。

 

「出会い系サイト」というのがまだあまり世の中に無かった時代、スタービーチ、Mコミュ、ニコニコメールといった本当に出会える無料出会い系サイトが人気でした。でも、時代とともに偽物出会い系サイトが蔓延してしまうと「出会い系=悪いイメージ」というのが一般的な見解になりました。未成年が事件に巻き込まれたり、サクラの被害で高額請求、迷惑メールで毎日1000通以上メールが来る、と悪いイメージしかわかなくなってきました。

 

もちろん、出会い系サイトの中にはサクラも使わず、顧客に満足してもらってお金を貰うまっとうに運営しているところもあります。しかし、それは全体の1割もありません。ユーザーからすればその1割には気づくにくく、良くないイメージしかもっていない為何か事件が起こると「またか…」と思うようになってきました。その事から、国や自治体の人たちは話し合って出会い系に対する法律を施工しました。

 

それが、出会い系規制法です。詐欺やサクラ被害とはまた違う分野ですが、未成年者がサイトを利用できないように年齢認証を義務化する法律です。身分証を確認するか、クレジットカードなどの年齢のわかる決済方法で支払いをさせることが必要になります。そこで、本当は出会い系サイトだけどSNSと偽ってその法律から外れようとしたサイトがいくつかありました。それらが出会いSNSという呼称を使うようになったのが始まりです。

 

SNSとして運営するのは良いのですが、ユーザーの中には「SNS=出会いNG」という認識が広まり過ぎていた為、出会いを探している人を集客しずらくなってしまい、SNSと出会いを足して出会いSNSとしたのではないかと思います。

 

つまり、出会いSNSは出会い系サイトの進化系とみてまず間違いはありません。中身も出会い系サイトと違いはありません。しかし、SNSにして年齢認証が義務化されない為に、未成年者が事件に巻き込まれるケースがまた増えてきたため、最近ではSNSでもキャリアと連携して年齢確認をするようになりました。

 

悪いサイトはもちろん携帯キャリアと連携なんて許可がおりませんので、そのまま年齢認証をしないで使わせていますから、詐欺の被害、サクラの被害、未成年被害と悪いこと3大特典が登録と一緒についてきてしまいます。

 

それであれば、普通の出会い系サイトへ登録した方が安全なので、もし出会いSNSという言葉を見つけたら警戒する事をオススメします。最近では、まっとうなサイトも出会いSNSという呼称を好んで使う事が増えてきたので一概に全てがダメというわけではありませんが、見分け方としてはサイトに登録した後に年齢認証をしなくてはいけないかどうかで判断してください。

 

登録してないのにメールが届くようなサイトは論外なので、メールを開く事もしないでください。送ったメールからアクセスした事を悟られると、これ見よがしに迷惑メールを送りつけられてメールアドレスを変更しなくてはいけなくなってしまいます。

 

安全な出会いSNSをお探しの方は、ハッピーメールかワクワクメールを使ってみてください。

タグ

出会いアプリの危険性と出会い系の安全性

出会いアプリというのが最近トレンドになっていますが、中身を見ればほぼ出会い系だったりします。

 

出会い系サイトというのは、

法律で18歳以上かどうかの確認をとります。これはお酒や煙草と同じく未成年者(特に18歳未満)が不健全な遊びをしないかチェックする義務を、運営者に与えた法律です。もっと簡単に言うとパチンコ屋さんと同じようなものと思ってください。出会い系サイトの場合は、店舗で訪問してきた人を1人1人確認するようなシステムではないので、登録してから利用するまでの間に身分証やクレジットカード決済によって利用者が成人または18歳以上であるという事を確認しています。

これによって、出会い系サイトで未成年者が事件に巻き込まれるケースが激減したと言われています。

 

逆にSNSは

法律の対象外となった為に、未成年との出会いの温床となってしまいました。そこでEMAという監視機構が出来て、出会いとしての利用を監視しているかどうかを監査するようになりました。これによって、SNSでは未成年者のミニメ規制やピグの利用規制などが発生したのです。

当初は未成年者からのクレームが多数寄せられて運営のブログが炎上したりと問題も起きましたが、未成年者が犯罪に巻き込まれるケースはこれによって激減しました。

 

さて、出会いアプリはどうでしょう…。

実はまだ何の規制の対象にもなっていないばかりか、未成年者でも容易にダウンロードして使えてしまう環境上新たな規制が生まれそうです。しかし、一番問題なのはその規制が出来あがるまでの間に未成年者とのトラブルに巻き込まれないかどうかです。うっかり17歳の子とお泊りデートをしてしまったばっかりに児童買春、誘拐という扱いになってしまう可能性も十分に考えられるんです。だからといって、相手が若そうだから身分証を提示させるというのもナンセンス過ぎますから困っているのです。

これから出会いアプリを使う方は充分に注意が必要です。

 

結論として、

現段階では出会いアプリよりも、出会い系サイトの方が安全です。そして、出会いアプリが流行っている事を良い事に迷惑メール業者や出会えない系サイトなどが偽アプリを増産しています!先日もニュースになっていましたが、登録するだけでアドレス帳の中身を根こそぎ抜かれてしまうアプリを開発した人が逮捕されていました。しかし、ダウンロード前にアドレス帳のデータを利用する旨を記載している事が確認されて、不起訴になっています。つまり、法的に認められてしまったということです。これに気を良くした悪徳業者が次にどういう罠をしかけてくるかは、ネット初心者でもわかりますよね。

なので、今や出会いアプリよりも、出会い系サイトの方が安全なのです。

 

タグ

出会いSNSの優良サイトと悪質サイトの見分け方

出会いSNSの見分け方ですが、意外と簡単だったりします。一番は料金体系です。冒頭で紹介したワクワクメールやハッピーメールは1通のメール送信で50円(5pt)ですが、悪徳サイトというのは1通500円~10000円が相場です。0がひとつ多いのでは?と思うかもしれませんが、そんな事はありません。相手の人にメールアドレスを教えるのに3000円が必要だったり、メールを見るのにもお金が要るサイトは、ほぼ悪質サイトだと思って問題ないと思います。

 

次に注目したいのが送られてくるメールです。男性と女性で違いはありますが、優良サイトでは基本的に自分からメールをしない限り好意的なメールが届く事はありません。そして、送られてくるメールやタイトルがやけに長文だった場合には気をつけなくてはいけません。悪質サイトのサクラが送ってくるメールは、自分のことを疑って欲しくないという無意識の真理から長文メールが届きます。逆に一般的な方からのメールというのは「これから食事でもどう?」「どんな感じの人かな?」のように、案外短文で送ってくる事が多いという事を覚えておきましょう。

 

このサイトは雑誌に載っているから安心♪は間違いです。出版社は広告を掲載することで広告費を得ていますが、広告で出されているサイトに全部登録してみるという事はありません。編集社の友人曰く、見ているのは広告のデザインが雑誌のコンセプトとかけ離れていないか、そのサイトへのお問い合わせ先がしっかり記載してあるか、サイトが存在しているかというところだそうです。たまに登録してみる事もあるそうですが、それは余程自分が気になったサイトだけで殆どの場合は登録まではしないので、雑誌に載っているから安心という事は一概に言えないのだそうです。その証拠に時々読者の方から掲載している広告から登録したら悪徳サイトだった!というクレームが入る事もあるのだそうです。登録するかしないかは読者の判断なので、そこまで責任は負えないというのが本音らしいのですが、次回からその広告は掲載をお断りする事もあるそうです。

タグ

2012/11/16 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:出会いSNS

出会いSNSで気をつけなくてはいけないサクラの存在

出会いSNSは、ここ数年で急速に増え続けています。ゲーム系のSNSと比べてもサイトの作りがシンプルで、運用が楽だという事が要因にあるようですが、中には個人情報を聞き出す事だけを目的としたサイトや、架空請求・迷惑メールをしてくる悪徳サイトも存在しています。そこで、出会いSNSに登録時に気をつけなくてはいけない事をいくつかご紹介していきます。

 

  • サクラの存在

最近ニュースでも話題になる出会い系サイト事件で、被害が急増しているのが”サクラ”という存在です。サクラとは、ユーザーになりすまして客とメールのやり取りをするアルバイトor従業員の事です。サクラの目的はサイトの中でメールを何度もさせることです。何通かメールをしていると有料サイトであれば、ポイントが無くなりますので、ポイント購入をしなくてはいけなくなります。ポイント購入を渋っていると、サクラから「早く会いたい」とか「連絡くれないんですか!?」なんてメールがくる。相手がサクラだと知らなければ、迷惑をかけてはいけないと思ってポイント購入をしてしまう。という寸法です。

サクラには様々な手法があり芸能人やそのマネージャーに装って、メールをしていることに優越感やプレミア感を出して長々とメールをするケースや、会った時にサイト代を自分が負担するからメールをしてくれ。と言ってくるケースもあります。時々、ドバイの石油王なるものからメールが着て、10億ドルを上げるとかあげないとか言われることもありますね。そもそも、石油王は通訳が付いているので日本語でメールなんて書かないだろうし、例え日本に興味がある人だとしても出会い系サイトなんて回りくどいものに登録はしないでしょう。その時点で、出会い系詐欺の可能性を大いに警戒するべきだと思います。

タグ

2012/07/16 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:出会いSNS

出会いSNSを初めて使う人が読むサイトカタログ

出会いSNSには様々な種類があります。その中でも会員数が多いサイト、機能が充実しているサイト、地方でも会えるサイトなどサイト毎に特徴があります。メル友、合コン・街コン、大人の付き合いなど、出会いの形は多種多様なので、あなたにピッタリのサイト選びが必要です。出会いが無いからといって、素性もわからないサイトに飛びついてしまうと、迷惑メールやサクラ詐欺の被害にあってしまうので気をつけなくてはいけません。

 

  • ワクワクメールは、会員数が多いサイトです。

ワクワクメールは設立10年以上で業界でNo,1の会員数を誇っています。使っている人が多いという事は、その分選択肢も多いということです。また、ワクワクメールではワクワクフェイスというサービスがあり、写真を送ると似顔絵を描いてくれます。サイト上に自分の顔写真を掲載したくないというユーザーの声に上手に応えた機能です。ワクワクメールに登録をすると1枚無料で描いてもらえるのが嬉しいところですね。この似顔絵はワクワクメールだけでなく、フェイスブックやツイッターでも使えるので出会いSNSに興味が無い方でも、似顔絵目的で登録してみるものいいかもしれません。

ワクワクメール

ワクワクメール評価

 

  • ハッピーメールは、機能が充実しているサイトです。

ハッピーメールには、ハッピーヒルズという専用アプリがあります。スマートフォンの位置情報(GPS)を使って待ち合わせをしたり、出会いに活用するSNSアプリです。ハッピーメールで登録したプロフィールを、そのままアプリでも使う事が出来るので違和感なくアプリ連動が出来ます。その他、ワクワクメールにある機能は基本的にハッピーメールにも備わっていますので、機能面を重視して使いたいのであればハッピーメールをお薦めします。SNSの枠を超えて出会いを求めても大丈夫なところやソーシャルゲームもアダルトなものが多かったりと、他のサイトには無い機能やサービスが多いのが特徴です。

ハッピーメール

ハッピーメール評価

 

  • イククルは、地方でも会えるサイトです。

出会いSNSの弱点は、首都圏集中型でなかなか地方での出会いが無いところです。イククルは小森純ちゃんをイメージガールとしているので、知名度も高く地方登録者も多くいます。最近では写メコンというフォトコンテストを開催していたり、湘南で海の家をプロデュースしたりと精力的に宣伝活動をしています。コンビニに売っている女性雑誌には殆ど掲載されているので、男性よりも女性が多く登録しているというのも特徴です。男性なら選べる女性が多いのは嬉しい事なので、他のサイトも登録をして比較してみるのが面白いかもしれません。

タグ

2012/06/16 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:出会いSNS

このページの先頭へ