2012年に急成長した出会いアプリ「スマとも」

2012年はスマートフォンやタブレットPCの普及がもの凄い勢いで進みましたので、出会いアプリもたくさんリリースされました。皆さんが知っているアプリと言えば、Lineやカカオトーク、comm(コム)などインラインなコミュニケーションツールが有名ですが、オンラインで出会いを探せるアプリを今回は紹介したいと思います。

 

まず一番有名なのは「スマとも」ですね。登録不要でチャットが出来たり、出会いSNSとして有名です。Googleplayで「出会い」と検索すると1位に表示されるのも、まさに一番有名な証明ともいえるでしょう。スマともはGPSを利用して、近くにいる人を気軽にチャットに誘えるというメリットがあります。居場所が特定されるという意味では、あまり自宅では使いたくないかもしれませんね…。特に一人暮らしの女性は万全を喫する為にもcafeとか、漫画喫茶での利用がオススメです。

 

一度、設定すればGPSはOFFにしてしまえば、最初にGPSで探知された場所にいる事になるので、良くいく場所に設定するのが良いでしょう。今までの出会い系サイトと出会いアプリ「スマとも」との違いは、なんといってもリアルタイム感です。メールだと読んだかどうかまではわかりますが、返事が来るまでのタイムラグがあるのであきらめた方がいいのか、待った方が良いのかわからず困った経験はあると思います。チャットの場合は、読んだその場で単語で返信するのが基本ですので、ダメだった場合の判断が付きやすいんですね。

 

筆者としては、そのメールの待ち時間というのも味があって好きだったんですが、時代はそれを許してくれなかったようです。会話も長文のテンプレートから短文やスタンプへと進化しています。出会いのツールもこういう歴史を経て、今に至っている事を忘れてはいけませんね。

 

とにもかくにも、「スマとも」は今のところ、安全なアプリですので試してみても良いと思います。しかし、出会い系サイトとの違いは以前に出会いアプリ情報で説明しましたが、年齢認証を義務づけられてはいません。18歳未満の高校生や中学生も平気で遊んでいるので、やましい考えやHな目的で使わないようにしましょう…。もうしばらくすれば、出会い系サイト同様に年齢認証が義務化されると思いますので”今のうちに”若い子と遊んでおくというのも手かもしれません。その際はくれぐれも法律の枠を超えない程度のお付き合いをしないと、後で痛い目を見てしまいます。

 

相手が未成年だと怖いから、きちんと年齢認証している人しか使えないサイトで遊びたい!という方は、このサイトの下記の記事を読んで参考にしてみるのも良いと思います。

ワクワクメール評価
ハッピーメール評価
イククル評価
Jメール評価
PCMAXの評価

 

※筆者が個人的にオススメするのは、ワクワクメールです。

 

もし、「スマとも」で出会いが見つかったら是非サイトに報告をください!体験談として紹介させて頂きます。

タグ

出会いアプリ情報

出会い系サイトは、法律で18歳未満の利用を禁止しています。しかし、SNSアプリは規制の対象外となっていることが多いのです。今後法律改正によって、SNSアプリもある程度の規制が設けられるかもしれませんが、今のところ未成年と成人が出会えてしまう危険性もはらんでいます。その点を注意して活用をしなくてはいけません。

 

出会いアプリには、何種類かパターンがあります。1つはアプリ自体が出会いSNSとなっていてGPSやプロフィール検索機能を有しているもの、それから他のアプリを媒介して利用するものです。前述のアプリに関しては出会いカタログの記事で触れていますので、そちらを参考にしてください。後述のアプリに関しては、Lineやカカオトーク、comm(コム)などのIDを公開して会話をする人を探すパターンです。当初出会い系サイトは、掲示板型と言われ当時無料で人気のあったスタービーチでは、メールアドレスを公開して相手を探せました。その流れをくんだスタービーチの現代版と思って貰えれば問題ないと思います。

 

冒頭で触れた出会い系サイトの年齢制限の話に戻りますが、実はこのスタービーチなどで未成年が誘拐されたり、売春をしていることが社会的に問題になったので法律が制定されました。さて、その現代版と言われるLive掲示板ではどうでしょう?おそらく同じことが起きるはずです。当時よりも日本は経済的にも余裕がありませんので、お金を欲しがる”こども”が増えているので、その危険性はさらに上がっていると思われます。

 

危険を冒して無料で出会いを探すか、出会い系サイトで確実な18歳以上の人との出会いをするか、どちら良いでしょうね。少なくとも、ロリコン出ない限りは後者になるとは思いますが、無料アプリというのも節度を守って、売春や犯罪行為に巻き込まれるようなことをしなければ特に問題はないので使い方次第です。もちろん、ここで書いた危険性を知った上で使うのであればリスクは最小限に抑えられると思いますので、気になった方はGoogleplyeなどで出会いSNSで検索してみてはいかがでしょうか。

タグ

このページの先頭へ